リボ払いの計算方法や仕組みを知りたい!

リボ払いの計算方法をご存知でしょうか。

 

リボ払いや銀行カードローンはとても便利なので、つい気軽に利用してしまう方もいらっしゃると思いますが、その金利計算のしくみを理解したり、返済シミュレーションをあらかじめ行っていない場合には、なかなか支払いが終わらない大変な事態に陥ることもあります。

 

そこでこのサイトでは、リボ払いのしくみや計算方法について詳しくまとめてみました。どうぞ参考になさってくださいね。

 

 

リボ払いの仕組みと計算

リボ払いを計算する

お金の返済方法には、大きく、元利均等返済と元金均等返済の2つがあります。

 

通常、支払いにおいては分割払いが選択されますが、この場合、分割回数を少なく設定してしまうと、その分月々の返済額が大きくなります。

 

リボ払いの仕組みは、月々の負担額を少なく設定して返済していく方法です。

 

住宅ローンやマイカーローンなどを除く、いわゆる、消費者金融や金融機関からのカードローンでは、ほとんどがリボ払いによる方法を採用しています。リボ払いには、大きく4つのタイプがあります。

 

  • まず、元利定額リボルビング方式があります。この計算方法のメリットとしては、月々の返済額が安いこと、毎月の返済額が把握しやすいことがあります。

     

    デメリットとしては、返済期間が長引いてしまうことや、返済総額が増えること、返済元金の計算が難しい点があります。

  •  

  • 元金定額リボルビング方式の計算方法のメリットとしては、早く返し終わること、返済総額が安くなること、利用残高の把握が容易であることがあります。

     

    反面、デメリットとしては、月々の支払額が高くなることや、月々の支払額が把握しづらい点があります。

  •  

  • 元利定率リボルビング方式の計算方法のメリットとしては、毎月支払う金額が一定である点があり、新たな借入を行った場合でも、負担があまり大きくなりません。

     

    デメリットとしては、返済計画がしっかりしていない場合には長期間の借入になってしまう点があり、その分、利子が膨れ上がってしまうことになります。

  •  

  • 元金定率リボルビング方式の計算方法のメリットとしては、返済回数があらかじめ計算できることがあり、返済する金額も少なくなる点があります。

     

    反面、デメリットとしては、毎月の返済額が高く設定されることがあり、その理由としては、元金に当てる金額が他の返済方法に比べて大きい点があります。

 

リボルビング方式は、非常に分かりにくい点がありますが、現在の消費者金融における返済方法としては、元利定率リボルビング方式、元金定率リボルビング方式、残高スライド元利定額リボルビング方式の3つが主流となっています。

 

この中の残高スライド方式とは、借入金の残高によって毎月の返済額がスライド、つまり調整や変更される方式のことをいいます。

 

例えば、10万円の借入残高の場合では2万円の返済、5万円であれば1万円などと設定されています。

 

特徴として、最低金額以上ならば自分で返済金額の設定できることがあり、そのために、返済をするほど毎回の最低返済金が減っていく計算となっています。

 

リボ払いの金利計算方法とは?

リボ払いに悩む女子

リボ払いは、一定の金額から利息分を引いて、残りの金額が元本に充当される仕組みの支払いです。利用者にとってのメリットは、毎月の支出が一律になるため家計にやさしいという点です。

 

デメリットとしては、支払額に占める利息の割合が大きいため、支払いを続けてもなかなか元本が減っていかないという点があります。

 

そのため、債務を減らしていきたいときには、毎回の支払い以外に追加の支払いなどをする必要があります。余裕がある時は最低支払額のみならず、追加返済を心がける必要があるでしょう。

 

リボ払いの計算式

金利の計算は、年利で表示された利率を日割りで算出して、それを利用日数でかけた分となります。年利18パーセントであれば、ひと月当たりの利率は1.5パーセントです。

 

計算方法は、それをさらに一日単位で割って、元本をかけ合わせるだけです。そして、リボ払いの最低支払額からその利息を引いた分が、残りの元本に充当されます。

 

現在リボ払いは、絶対に返済ができないような支払方法にはなっておらず、利用金額に応じて支払額が大きくなるようになっています。

 

そのため、理論上は支払いを続けていれば、いずれは債務がゼロになります。ただし、分割払いと違って減るスピードは遅い傾向になり、支払回数も増えます。

 

元利均等式のリボ払いは、その限りではありません。これは、毎月一定額の元金を支払うことになりますが、それに加えて利息の支払いをします。

 

つまり、毎月必ず一定額の元金が減るので、定額支払い式よりも債務が減りやすくなるというメリットがあります。その分、毎月の支払額は大きくなるというデメリットがあります。

 

いずれの場合も、金利を算出すれば支払い金額を計算することができるためシンプルです。ただ、この計算は小数点が出てきて面倒ではあります。

 

そこで活用すると良いのが、クレジットカード各社が提供しているシミュレーションです。この支払額算出表は、ホームページにあることが多いです。

 

元本や利用期間、利率、返済方法等を選択すると、毎月の支払額が正確に算出されます。

 

リボ払いの返済シミュレーションをエクセルで行う方法

リボ払いの返済シミュレーションをエクセルでデータ化していけば、完全なこれからの支払い額を知ることが可能となります。サイトを見るたびいろいろな内容がはっきりしていきます。

 

クレジットカードで普段支払っているならば、返済内容や利息の詳細をしっかり理解することが大事です。

 

今後の支払いを安定して行っていくには、まずリボ払いのシミュレーションから開始していきましょう。借金を少しでも減らしていくには、カードローンの支払い方式の詳細を知ることも大切です。

 

支払利息額を増やすことが銀行側のひとつの戦略であるため、消費者金融系のローンを借りる場合も、借入金額だけでなく、利息や手数料総額を含めた支払総額をじっくり確認することが必要です。

 

独自の返済シミュレーションを組むことができれば、たとえば月3000円程度での楽な返済プランも可能な状況となるわけです。

 

リボ払いと銀行カードローンを利用する場合の利息計算の違い

悩む男の子

リボ払いの返済

リボ払いは、一般的によく利用される返済方法です。支払い金額が少なく一定のため、返済計画が立てやすいのが、よく利用される理由です。

 

気をつけないといけないのは、その支払いの利息の総計がかなりの額になる点です。

 

では、なぜこのように利息を多く支払うことになるのかといいますと、銀行カードローンとの違いに着目してみると理解できます。

 

リボ払いは返済額は一定であることが多いですが、銀行カードローンはその返済を選べる形式もあります。そしてリボ払いは一回の支払いがかなり低額になっていることが多く、実はこの部分が問題なのです。

 

返済金額から、利息と元本への充当をするわけでなので、この返済額が低いと利息ばかり支払いをしていることになります。

 

そしてリボでは手数料の計算として、元本の1%が毎月発生する決まりになっていますので、単純に考えても年利12%以上の支払いをすることになります。

 

つまり表面的には1%でも実質はもっと高金利で借りているのと同じで、かつ元本がなかなか減らないので、利息が長く発生することになり、結果的には長い返済をしなければならないことになります。

 

銀行カードローンの返済

一方の借り入れの方法である銀行カードローンは、返済金額は利息と元本が均等に返済していることが多く、元本がスムーズに減っていきますので、利息の発生がだんだんと少なくなってきます。

 

後になるほど元本の減りが大きくなるので、トータルでの利息分の返済金額は多くありません。

 

また銀行カードローンは、現在ではその貸出金利がかなり低いものもあり、中には年利1.5%ぐらいの優遇レートで貸してくれる金融機関もあります。

 

こう考えると、クレジットカードでショッピングの決済をする場合、リボ払いにするよりも銀行カードローンで低利で借りて、そのお金をクレジット決済に充てるほうが、利息の支払いのことを考えるとお得であることがわかります。

 

表面的な返済金額に惑わされることなく、賢くローンを利用しましょう。

 

リボ払いを楽天・VISA・JCB・セゾン・イオン・エポスの各社で行った場合の手数料の計算方法の違い

買い物をリボ払いで行うとそれぞれの会社により手数料の計算方法が変わります。

 

クレジットカード会社 手数料の計算方法
楽天カード 楽天カードの場合は利用額が20万円以内の場合、毎月の支払い額5000円。20万円を超える場合は、毎月の支払い額が10000円のコースが利用出来ます。50000円の買い物でリボ払いを利用した場合、1か月目のリボ払いの手数料は625円。2か月目の手数料は562円となります。計算方法は、利用金額×1年の利率15%÷12となります。
VISAカード VISAカードを利用する場合は、人により違いますがリボ払いの設定金額が5000円から10000円以上。10000円以上で選択することが可能です。実質年率は15%ですので楽天と同じ年率となります。支払手数料は変わります。1か月目は無料です。2か月目は50000円×15%×26日÷365日と40000円×15%×5日の合計が手数料の合計616円となります。
セゾンカード セゾンカードの場合リボ払いの標準コースを選択すると、毎月10000円の返済になります。年率は14.52%で1か月目は、手数料605円。2か月目は、491円となります。長期コースを利用すると毎月3000円の返済になります。支払い回数は19回になり、1か月目の手数料は605円。2か月目の手数料は、576円となります。
JCBカード JCBカードで50000円のリボ払いを利用した場合は、毎月10000円ずつ返済すると手数料は1か月目が513円。2か月目が509円となります。手数料の合計は1761円となります。
イオンカード イオンカードの場合、ショッピングリボ残高が100000円の場合、毎月2000円のリボ払いが利用することが出来ます。100000円の買い物をした場合、手数料は3万1570円となります。
エポスカード エポスカードの買い物をリボ払いにする場合実質年率15%となります。40000円借りた場合は、1か月目は509円の手数料となります。

 

実質年率は15%ですがそれぞれのクレジットカード会社の計算方法が異なるため、支払額が変わります。手数料の計算方法に注意しましょう。

 

クレジットカード会社のリボ払いと分割払いの計算方法の違い

クレジットカードの支払い方法としては、翌月一括返済やボーナス一括払いのほかに、代金を何回かに分けて支払う方法があります。

 

何回かに分けるというと、つまり分割払いのことと思われるかもしれませんが、それは必ずしもそうではありません。リボ払いも何回かに分けて払う方法の一つだからです。

 

リボ払いと分割払いの違い

リボ払いと分割払いの違いは、両者の違いを際立たせて言えば、先に支払い回数を決めてしまい、その支払い回数に応じて毎月の返済額は変動する方法が分割払いです。

 

一方で、先に毎月の返済額を決めてしまい、その返済額に応じて支払い回数は変動する方法がリボ払いということになります。ちなみに、どちらも金利がかかることは同じです。

 

分割払いでは、いつ支払いが終わるかが明確です。しかしその分、毎月の支払い金額がいくらになるのかなかなか読めません。

 

とくに、クレジットカードで大きな買い物をした翌月など、思った以上に支払い金額がかさんでしまい、生活費に困ったという経験をしたことのある人もいるかもしれません。

 

これに対して、リボ払いでは毎月どれだけ返済しないといけないかが明確です。逆に、いつ支払いが終わるのかがなかなか読めません。

 

毎月の返済額はほぼ一定になりますから、月々の収入のうち、どれだけはクレジットカードの返済に回さなければならないのか、どれだけを生活費に使えるのかが明確になるという利点があります。

 

もちろん、利点ばかりではありません。いつ返済が終わるのかがなかなか読めないということは、場合によっては延々と返済が続くように感じることもありうるということだからです。

 

リボ払いと分割払いの両者の特徴を知って、うまく使い分けるようにしたいものです。

 

なお、リボ払いを一括返済や分割払いに変更する方法はあります。クレジットカード会社に問い合わせてみれば対応してくれるはずです。

 

金利ですが、少なくとも一括返済する場合はそれ以上に金利がかかることはなくなります。

 

お金のピンチに助かるヒント集(弊社関連サイトへのリンク)

弊社では、お金のピンチに役立つ関連サイトを運営しています。ぜひ、こちらのサイトもご覧いただけましたら幸いです。

 

追証が払えない! http://www.追証払えない.xyz/

株やFXの取引で必須となるのが追加証拠金。これなしでは、大きな取引は成立しませんが、逆に、追証が払えないというピンチに陥ってしまったら。万が一の対処法をまとまめてみました。

クレジットカードの滞納について http://www.クレジットカード滞納.jp/

いまや生活に欠かせないクレジットカード。セゾン、オリコ、セディナ、エポスなどいろいろありますが、もし、支払日に銀行口座が残高不足となり、滞納となってしまったらどうなるでしょうか。